子宮内膜症と膀胱炎

 間質性膀胱炎と間違いやすい婦人科系の病気の中で、「子宮内膜症」があります。
 子宮内膜症とは、本来子宮の内側を覆っている子宮内膜という膜が、なんらかの原因によって子宮の内側以外に生育してしまう婦人科系疾患です。
そもそも、月経とはこの子宮内膜が増殖し月に一度剥離する際に出血する症状をいいます。その子宮内膜が子宮内以外で生育する事で、その場所での増殖剥離がおこなわれるため、さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。
 多くの女性が月経の際には月経痛を伴います。
それは、子宮内膜が隔離する時に痛みが発生するからです。
子宮内膜が膀胱子宮窩(むろ)という部分に生育した場合、そこで増殖隔離がおこなわれることになり、同じように痛みも発生するのです。
 それは、排尿時に下腹部の痛みとして感じられ、膀胱痛と勘違いされやすくなっています。
 子宮内膜症か膀胱炎か症状がわからなければ、婦人科・泌尿器科のどちらを受診しても構いません。
症状を申告した後、下腹部の超音波で検査すればどこでトラブルが起こっているのか診断されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク